光脱毛の特徴

脱毛サロンはエステサロンで行われている脱毛お手入れは、ほとんどが「光脱毛」と呼ばれるものです。何となく、光線を照射して脱毛するのかな〜というイメージは湧きますが、具体的にどんな原理で脱毛するのかご存知の方は少ないかもしれません。

そこで今回は、光脱毛の仕組みや特徴についてまとめてみました。

光脱毛の仕組み

光脱毛とは、黒い部分にだけ反応する特殊な光を用いて、お肌の毛根部分だけにダメージを与えて、脱毛していく方法です。黒い部分だけに反応するので、過度の日焼けをしていない日本人のお肌であれば、お肌は安全です。

毛根部分は基本的に黒いのでこの部分で熱エネルギーを吸収し、毛根内にある毛包や毛母細胞がダメージを受けていきます。そして、毛の成長・再生能力が弱っていき、脱毛できるのですね。

また、脱毛施術を受けたらすぐに毛が抜けるわけではなく、1〜2週間後にスルっとムダ毛が抜けるようになります。

さらに、毛の1本1本には成長期、退行期、休止期という毛周期があり、光脱毛が効果を及ぼすのは基本的に「成長期」の毛です。退行期や休止期に該当する場合は、成長期になるまで待たなければなりません。このため、脱毛サロンは2〜3ヶ月に1回ぐらいのペースでお手入れが必要となります。

光脱毛とレーザー脱毛の違い

エステサロンでは「光脱毛」が行われていますが、美容外科や美容クリニックなどで行われている脱毛方法は「レーザー脱毛」です。

この2つはいずれも同じ原理で脱毛しているのですが、大きな違いは「光線の出力の強さ」です。レーザー脱毛の方が、光脱毛よりも光線の出力がだいぶ強くなっています。

レーザー脱毛は力の強い光線を出力する分、万が一何かしらのトラブルがあった場合は、すぐに対応しなければなりません。このため、医師が常駐している医療機関でしか行えないことになっています。

レーザー脱毛は出力が強い分光脱毛よりも効果的ですが、刺激もその分強めです。

光脱毛・レーザー脱毛はいずれも効果的な脱毛法ですが、出来るだけ早く結果を出したい、あるいは確実・着実に脱毛したい場合にレーザー脱毛を選ぶケースが多いようです。

郡山市 脱毛エステ

スポンサードリンク