化粧品の使い方で肌トラブルに

新しい化粧品を使いはじめたら、肌トラブルが発生した。

このようなとき、そのトラブルの原因が化粧品そのものにあると思われがちですが、化粧品そのものではなく、使い方に問題がある場合もあります。

例として、敏感肌用の洗顔料を使っているのに、ニキビが次々に出来てしまう人がいます。敏感肌用のものはアレルギーの原因になりやすい成分をできるだけ使わなかったり、減らして作られているので、皮脂の分泌量が多い肌では、過剰な皮脂を十分に落とすことができません。そのため、かえってニキビが増えてしまう可能性があります。

また、古い化粧品や紫外線を受けた化粧品は、成分が酸化してトラブルを起こすこともあるそうです。化粧パフやスポンジの汚れも、トラブルの原因になり得ます。

肌トラブルが発生した場合は、化粧品そのものだけでなく、使い方や周辺の環境についても見直す必要があります。

肌荒れを出来るだけ早く治すためには

肌荒れは誰でも増やしたくないものだと思います。肌がガサガサになってくると化粧のりも悪くなりますし、下手をすればくすみやシワになってしまいかねません。

でも、人は睡眠不足や生活習慣の乱れ、食事の栄養バランスの乱れなどでどうしても肌荒れしてしまう場合もあると思います。女性の場合は特に、生理周期によって肌荒れがしやすい時期がありますね。

こんな色々な要因があるので、肌荒れが出来してしまうことはやはり仕方のないことかもしれません。もし出来てしまったら、悪化させないためにも一刻も早くケアを開始することが大切です。

肌荒れを治すためには、まずは保湿が何よりも大切だと言えます。乾いた肌は外界からの悪影響をもろにうけやすく、良い状態とは言えません。寝る前の保湿はもちろんのこと、机の上にブッシュ式の保湿スプレーなどを置いて、常に保湿を心がけましょう。

また、肌荒れしているお肌は紫外線などにも弱くなります。春から夏にかけてや、長時間外に滞在する場合は、紫外線対策もしっかり行っておきましょう。

郡山市 脱毛エステ

スポンサードリンク