レーザー脱毛は医療行為の1つ

ご存知の方も多いと思いますが、レーザー脱毛は医療行為の1つです。

このため医師が居ないエステなどでは行うことができません。美容クリニックなど、医師が常駐している医療施設で行うのが大前提となります。法律においても「医療行為にあたる治療である」と定められています。

レーザー脱毛に使われるマシンは出力が高く、そして安定しているので、適確に脱毛お手入れを施すことができます。

なお、脱毛に使うレーザーは、海外からの輸入品がほとんどだそうす。海外で使われている医療機器を治療のために使う場合は、医師免許や複数の書類が必要になります。

医療レーザー脱毛は、黒い色に反応する波長のレーザーを使用しています。ある程度成長した体毛の毛根部分は、黒色です。まずは剃毛してからレーザーを照射し、黒い色素部分に反応させます。

すると毛根部分に熱が発生し、同時にダメージを与えることができます。そして毛根組織が破壊されてしまい、自然ど毛が抜け落ちるといった流れになっています。

レーザー脱毛の1番のメリットは、「効果的に脱毛できる」ことです。エステで行う光脱毛よりも強力なので、通う回数も少なくなります。

このため、できるだけ早く脱毛を完了させたい場合、また毛の1本1本が強力に生えている場合は、レーザー脱毛の方がおすすめだと言えます。

ただし、レーザー脱毛はエステでの脱毛よりも料金が高いことが多いです。まずは料金をチェックしてから選択したいですね。

郡山市の脱毛エステ おすすめランキング TOPページに戻る

スポンサードリンク