大人ニキビの原因とケア

20代の女性が皮膚科を訪れる一番の原因は「ニキビ」だと言われています。大人になってからのニキビは10代のニキビとは違って、きちんと洗顔をすれば良いというものではありません。中には10代の頃は全然ニキビができなかったのに、大人になってからニキビが急に出来るようになったという人もいます。

ニキビは睡眠不足や食事の栄養バランスの悪さが原因になっていることが多いので、まずは生活習慣や食事内容を改善することが大切です。睡眠をしっかりと取るようにして、野菜を含めた栄養バランスの良い食事に変えるだけで、大人ニキビが治ってしまうこともあります。

ただし、大人のニキビはストレスなどの精神的なものが原因になっているケースも少なくありません。その場合はできるだけストレスを回避したり、発散できる方法を取り入れることも必要です。

皮膚科では、ビタミン剤や抗生物質による治療が行われます。肌によく吸収されてニキビの原因となる活性酸素を抑えるビタミンC誘導体入りのローションも皮膚科で処方してもらうことができるそうです。

ニキビは皮脂が増えたところに角質が厚くなって毛穴が詰まり、フタをしたような状態になって出来るものです。整理前のホルモンバランスの影響によって、一時的にできる人もいます。アクネ菌や活性酸素によって腫れたり、化膿したりする場合もあるので、ニキビができたら下手に触ったりせずに清潔に保つようにします。

また、毛穴を詰まらせるリキッドファンデーションなどは使わずに、メイクはなるべく短時間で落とすようにするのも大切です。さらに、クレンジングをしっかり行って、油分を肌に残さないようにしましょう。

ダブル洗顔で肌を清潔な状態にし、すすぎ残しも無いように注意します。特に額の生え際やアゴにニキビが出やすい人は、洗顔が十分ではなくてすすぎ残しなどが原因になっている場合もあるので、注意しましょう。

なお、背中や胸にニキビができる場合は、ストレスや体質的な原因が考えられます。背中の皮脂腺が活発である可能性もあり、ニキビができてしまったらタオルで擦ったりせずに、薬で治すようにしましょう。

郡山市の脱毛エステ おすすめランキング TOPページに戻る

スポンサードリンク