個人差がある脱毛施術時の痛みの感じ方

昔のニードル脱毛を受けた経験がある方は、「脱毛施術は痛い!」というイメージが強いのではないかと思います。

たしかに、ニードル脱毛はムダ毛1本1本に針を刺して電気を流す方法なので、痛みを伴います。しかも、1本ごとの処理なので、その痛みが何十回、何百回を続くわけです。痛くないというイメージを持つ方が大変だと思います。

一方、1990年代に日本でも登場したレーザー脱毛ですが、これも痛いと感じる人が多かったようです。レーザー脱毛とは、黒い部分にだけ反応する特殊なレーザーを照射して、毛根を根元から破壊してしまう方法です。

安全性の高い方法ではありますが、万が一お肌にトラブルが発生したときにすぐに対処できるように、医療施設でなければ行うことができません。

レーザー脱毛に関しては「痛い!」という人もいれば「想像してたよりも痛くなかった」という人もいます。痛みの感じ方に個人差が出ているようですね。

そして、今のエステサロンで主流になっている「光脱毛」ですが、これもレーザー脱毛と同じ性質を利用しています。

ただし、光脱毛はレーザー脱毛よりも光線の出力が弱く、その分痛みも少ないと言われています。

最新の光脱毛器を採用しているエステサロンで脱毛した方々の感想を聞いてみると、「ちょっと痛かった」と言っている人がいる一方で、「全く痛みを感じなかった」と発言される方もいます。

レーザー脱毛よりも、相対的に痛みが少ないと言えると思います。

脱毛技術は年々進化しつつあり、痛みを軽減されてきています。脱毛施術時の痛みが気になるのでしたら、まずは無料体験を受けてみて、自分自身の肌で確かめたいですね。

郡山市 脱毛

スポンサードリンク